読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅猫のお絵かき帳

旅行写真とイラスト

ウィーンカフェ巡り:CAFE MUSEUM カフェムゼウム:クリムトとシーレが出会ったカフェ

ウィーン オーストリア カフェ cafe クリムト シーレ ウィーン分離派 旅行 観光 ココシュカ

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/5/58/Egon_Schiele_-_Gustav_Klimt_im_blauen_Malerkittel_-_1913.jpeg

File:Egon Schiele - Gustav Klimt im blauen Malerkittel - 1913.jpeg - Wikimedia Commons

シーレが描いたクリムト

 

 

  

www.tripadvisor.jp

 

 

Cafe Sperlよりもっとゼツェシオンに近いカフェCAFE MUSEUM。また、クリムトとシーレが初めて出会ったカフェでもあるので、クリムト好きとしてはぜひ行ってみたいところ。

 

 

 

 

f:id:zizip1894:20160530222145j:plain

 大きな看板がついてあって探しやすい

 

 

 

 

 

f:id:zizip1894:20160530222158j:plain

 結構モダンなつくりだなと思った

 

 

 

メタリックな照明が特徴的で、最近(2010年)にリモデリングしたからかなと思いきや、1930年度のと今のと大差なかった。同時どれだけ最先端(この言葉自体すごく古く感じられるが)に立ったカフェだったかよくわかる。

 

 

 

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/2/29/Museum_30erJahre.jpg/220px-Museum_30erJahre.jpg

via Café Museum - Wikipedia, the free encyclopedia

1930年のCAFE MUSEUMの内装

 

 

 

 

 

f:id:zizip1894:20160530222224j:plain

 ずっとウィーン・メランジュ(エスプレッソ×ミルク)ばかり飲んでたので、ブランデーがついてくるカフェを頼んでみた。

 

 

 

allabout.co.jp

 

 

 

 

f:id:zizip1894:20160530222327j:plain

連れはいわゆるウィンナーコーヒー

 

 

 

 

 

 

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/de/Egon_Schiele_075.jpg

エゴン・シーレ - Wikipedia

少しでも美術勉強した人なら必ずしも一度は恋してしまうというシーレ

 

 

 

 

http://www.moma.org/media/W1siZiIsIjIyMTY3NSJdLFsicCIsImNvbnZlcnQiLCItcmVzaXplIDIwMDB4MjAwMFx1MDAzZSJdXQ.jpg?sha=d896d5cc6919bc8d

Oskar Kokoschka. Pietà (Poster for Murderer, Hope of Women). 1909 | MoMA

今見ても強烈なココシュカ(ココシュカもよく寄っていたらしい)

 

 

 

 

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/c/ce/Gustav_Klimt_049.jpg

 Emilie Flöge – Wikipedia

ファッションデザイナーのエミリーフレーゲクリムトがよくデートしていた店としても知られているみたい(だがどこで読んだか覚えてなくネットで出典を検索しても見つからず…)

 

 

クリムトとシーレのように青少年時代に敬愛してやまなかった人々のゆかりのあるところに来られて嬉しかったが、ベルヴェデーレとレオポルトに行って実物を見て色々考えることが多かった。その話は別の記事でまとめようと思う。

 

 

www.tripadvisor.jp

 

 

関連記事

 

ji1894ji.hatenablog.com

 

 

ji1894ji.hatenablog.com

 

 

ji1894ji.hatenablog.com